ドックサイド エレクトロニクス

 ドックサイド エレクトロニクス

About Dockside Electronics 

Dockside Electronics社は、米国・コネチカット州ミスティックにある経験豊富な船舶用電子機器プロバイダーです。創業以来40年、海上ナビゲーション最新エレクトロニクス技術の導入・機器販売・設置・トレーニングサービスを行ってきました。Dockside Electronics社は、海洋エレクトロニクスのトップクラスの企業であり、GMDSS認定(Global Maritime Distress and Safety System)を受けています。技術者は、信頼性高く正確に動作するシステムの設置に誇りを持っています。

Challenge

ボートの所有者は、彼の45フィートのスポーツフィッシュボートのフライブリッジで航法装置と魚群探知機の画像イメージを見る事ができるようにしたいと検討していました。設置には、チャートプロッタとディスプレイを接続するためにボートの天井を通す25メートルのHDMIケーブルの防水配線が必要でした。初期の解決策では、配管が非常に狭かったためケーブルを一度切断して再度モニターに再接続する必要がありました。この作業は、コストが掛かると同時に非常に集中を要する作業でした。

技術者は、信号を変換してディスプレイモニターに送信するためKRAMERのトランスミッター/レシーバーのペアを使用する事にしました。機器の設置を始めた際、技術者はKW-11トランスミッターとDVI-1アダプターの重量をプラグのみでチャートプロッターに掛ける事は、荒れた海上で問題となる事に気付きました。さらにエンジンの振動も機器を安定して保持する事がもう一つの懸念でした。この問題は、ケーブルアダプターを使用してDVI-1出力をメスのHDMIプラグエンドに変換する事で解決しました。トランスミッターは、ケーブルに差し込まれケーブルは既存の電源ケーブルとネットワークケーブルに接続されました。トランスミッターの電源は、ナビゲーション機器に使用されている12V電源で供給しました。

Solution

Dockside Electronics社は、高精細ワイヤレストランスミッター/レシーバー KRAMER KW-11TとKW-11Rが最もコスト効率のよい解決策であると決定。そして短かい距離で使用するためのHDMIソリューションを提案、これらの新しい解決策は、当初のHDMI配線より低価格で済む事をボートオーナーに伝え納得してもらいました。

Results 

Dockside Electronics社は、当初ワイヤレスシステムで10時間程度の作業時間を推測していましたが、実際の作業は2時間で終了しました。荒れた海上でもトランスミッターはしっかりと保持され、ディスプレイには画像が鮮明に映されるようになりました。ボートのオーナーは新しいシステムを非常に気に入って今では、フライブリッジから航法装置による鮮明で高精細な海底画像を見る事が可能となりました。

Featured Products